FC2ブログ

過去の事件・事故や出来事(11月20日) 今日は何の日~過去の出来事~

毎日、過去に起きた出来事や事件・事故、有名人の誕生日などを紹介!!

PR


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





( --/--/-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

tag:

過去の事件・事故や出来事(11月20日) 

2007年 改正出入国管理及び難民認定法施行
1979年 アル=ハラム・モスク占拠事件
1971年 中華航空825便爆破事件
1948年 日本初の競輪が小倉競輪場で開始
1945年 野菜・魚類の公定価格が廃止され、市場のセリ売りが復活


◆改正出入国管理及び難民認定法
2007年11月20日から、外交特権を有する者、政府招待者、特別永住者、16歳未満の者以外の外国人は、入国審査にあたって、原則として指紋採取機により、両手のひとさし指の指紋採取と顔の写真撮影が義務化された。


◆中華航空825便爆破事件
1971年11月20日、乗員7名、乗客63名を乗せ午後4時47分(日本時間)に大阪国際空港を離陸した中華航空825便は、台北松山空港で乗員の交代と一部の客の入れ替えをした後、香港に向けて現地時間午後9時2分(日本時間午後10時2分)に再び離陸して午後9時33分に定時連絡した直後、台湾の澎湖諸島近海に墜落した。

事故機は午後9時35分ごろに空中爆発し、海中へ墜落したとする目撃証言などにより、墜落原因は仕掛けられた爆弾が爆発し空中分解したものと見られている。しかし、僅かな機体の残骸が漂着したほかは犠牲者の遺体も発見できず、遺留品もほとんど回収されなかったため事件の背景は一切不明のままである。
この事件で乗員8名、乗客17名の合わせて25名全員が犠牲になった。(日本人3名)






コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。