FC2ブログ

過去の事件・事故や出来事(12月22日) 今日は何の日~過去の出来事~

毎日、過去に起きた出来事や事件・事故、有名人の誕生日などを紹介!!

PR


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





( --/--/-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

tag:

過去の事件・事故や出来事(12月22日) 

2006年 改正教育基本法の公布
2005年 東海地方・九州で12月の積雪記録を更新する歴史的大雪
2005年 新潟県で暴風雪により大停電が発生(最大時約65万戸)
2001年 九州南西海域工作船事件
1945年 労働組合法公布


◆九州南西海域工作船事件
2001年(平成13年)12月18日、米軍から不審船に関する情報が防衛庁に提供された。これを受けて、12月21日、防衛庁は不審船を発見し、撮影。画像を解析した結果、対象船舶は北朝鮮の工作船の可能性が高いと判断され、内閣総理大臣秘書官、内閣官房長官秘書官、海上保安庁に通報した。

翌12月22日、通報を受けた海上保安庁の巡視船が12時48分頃、不審船を発見・追尾し不審船に対して度重なる停船命令、警告を行った。しかし、不審船はこれを無視して逃走を続けた。
巡視船は、16時13分から機関砲による威嚇射撃を行った。この射撃に際しては「停船しなければ砲撃を行う」との旗信号を巡視船のマストに掲揚し、拡声器と無線による「撃つぞ。船首を撃つから船首から離れろ。」との警告放送の後に射撃した。射撃された曳航弾が船首の燃料に命中したことにより、不審船は出火したが、消火器や毛布を使った消火活動、延焼防止のため風上に船尾を向けて後進をかけて炎を船首に追いやり30分で鎮火した。この火災の最中に不審船の左舷側から乗組員が何らかの物体を海中に投棄したのが巡視船に取り付けられている赤外線カメラの映像で確認されているが、この物体はすぐに沈んだため回収するにはいたらなかった。この物体は暗号表などの機密性の高いもの、あるいは覚せい剤などの違法な物品ではないかと推測されている。 その後も停止と逃走再開を何度か繰り返し、低速で逃走を続けた。

22時00分、低速で逃走する不審船に対し、強行接舷を試みた。すると不審船の複数の乗組員が対空機関銃ZPU-2、PK系軽機関銃及び突撃銃AKS-74により巡視船に対する攻撃を開始。
これに対して巡視船も応戦し、64式小銃と20mm機関砲とで正当防衛射撃を実施した。まもなくZPU-2は「沈黙」したが、その間も、工作船側は対戦車擲弾発射器RPG-7を用いて2発の対戦車擲弾(ロケット弾)を発射したが命中はしなかった。

22時13分、不審船は海上保安庁の巡視船と交戦の末、爆発炎上を起こして、東シナ海沖の中国の排他的経済水域(EEZ)内で沈没した。この爆発の原因は自沈用爆発物の使用による自爆であり、巡視船の射撃によって引き起こされたものではない。

その後、不審船の船体および海底に散らばった遺留品は、2002年9月11日に海中より回収され、鹿児島県で分析が行われた。その結果、船は北朝鮮のものとみられる工作船であり、回収された遺体は北朝鮮の工作員であると断定された。






コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。