FC2ブログ

過去の事件・事故や出来事(1月9日) 今日は何の日~過去の出来事~

毎日、過去に起きた出来事や事件・事故、有名人の誕生日などを紹介!!

PR


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





( --/--/-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

tag:

過去の事件・事故や出来事(1月9日) 

2007年 防衛庁が省に昇格し、防衛省が発足
1985年 東京・両国に新国技館が落成
1968年 アラブ石油輸出国機構(OAPEC)結成
1966年 神奈川県川崎市川崎駅前にて金井ビル火災が発生(死者7名)
1905年 血の日曜日事件


◆アラブ石油輸出国機構(OAPEC)
アラブ石油輸出国機構は、産油国の石油事業促進を目的として結成された国際機構。正式にはOrganization of the Arab Petroleum Exporting Countries(略してOAPEC)。石油輸出国機構(OPEC)とは別組織で、クウェート・リビア・サウジアラビアの3カ国で結成された。本部はクウェート。


◆血の日曜日事件
1905年1月9日(日曜日)、ロシア帝国の当時の首都サンクトペテルブルグで、6万人にも及ぶ労働者による皇宮への請願行進が行われた。これに対し、政府当局が強硬に弾圧を加え、死者の数は不明確であるが、4,000人以上に達したと言われている。

血の日曜日事件請願の内容は、労働者の法的保護、日露戦争の中止、憲法の制定、基本的人権の確立などで、搾取・貧困・戦争に喘いでいた当時のロシア民衆の素朴な要求を代弁したものだった。当時のロシア民衆は、ロシア正教会の影響の下、皇帝崇拝の観念をもっていた。これは、皇帝の権力は王権神授によるものであり、またロシア皇帝はコンスタンティノープルの東ローマ帝国を受け継ぐキリスト教(正教会)の守護者であるという思想である。このため民衆は皇帝ニコライ2世への直訴によって情勢が改善されると信じていた。しかし、この事件の結果、皇帝崇拝の幻想は打ち砕かれ、後にロシア第一革命と呼ばれた全国規模の反政府運動がこの年勃発した。また、この時に始まったロシアの共産主義運動は、1917年のロシア革命(二月革命、十月革命)の原動力に成長していった。






コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。