FC2ブログ

過去の事件・事故や出来事(2月6日) 今日は何の日~過去の出来事~

毎日、過去に起きた出来事や事件・事故、有名人の誕生日などを紹介!!

PR


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





( --/--/-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

tag:

過去の事件・事故や出来事(2月6日) 

2004年 モスクワ(ロシア)の地下鉄で爆破テロ(市民39人が死亡)
1976年 ロッキード事件発覚
1958年 ミュンヘンの悲劇
1904年 日本政府がロシアに国交断絶を通告


◆ロッキード事件
1976年(昭和51年)2月4日、米国上院外交委員会の公聴会で「ロッキード社が自社の航空機売り込みのために対日工作費として1000万ドル(約30億円)を超える金を極秘で使っていた」ことが発覚した。また、この日に証言したロッキード社の幹部は、ロッキード社の代理人である児玉誉士夫に21億円を前年までに手渡ししていたことを証言した。

同年2月6日、ロッキード社の副社長が「児玉に支払った21億円は、販売代理店である丸紅などを通して日本政府関係者に支払われた」と証言し、全日空への大型旅客機「トライスター」売り込みのための一大疑獄が明らかにされた。

このことを受け、日本でも2月16日から衆議院予算委員会で、全日空社長や丸紅の会長、ロッキード社の日本支配人などが証人尋問された。また、検察も賄賂刑事事件として捜査を開始した。その結果、4年前に全日空は次期主力機にダクラス社のDC10型機を内定していたが、突如発注をキャンセルし、ロッキード社の「トライスター」に変更していて、これが賄賂に当たるとした。

そして、同年6月22日から7月13日にかけて、東京地検は丸紅会長・檜山宏、同専務・大久保利春、全日空社長・若狭得治らを次々に逮捕。7月27日午前6時30分には、田中角栄元首相を「受託収賄罪」および「外為法違反」で逮捕した。また、佐藤孝行運輸政務次官や橋本登美三郎元運輸大臣なども逮捕され、この事件は戦後最大の汚職事件と言われている。


◆ミュンヘンの悲劇
1958年2月6日、ドイツ・ミュンヘンのリーム空港で、英国欧州航空のチャーター機が離陸時に必要な速度に達せず、空港のフェンスを突き破り空き家に激突して止まり、乗員・乗客43名のうち、23名が死亡した。

このチャーター機は、イングランドフットボールリーグのチーム、マンチェスター・ユナイテッドがチャーターしたもので、チームの選手が大勢乗っていた。当時は、ヨーロッパのクラブ選手権であるチャンピオンズカップに初めてイングランド代表として乗り込み、準々決勝まで進出していたが、大勢の主力選手を失ってしまった。しかし、この事故から10年後の1968年には、悲願のチャンピオンズカップを奪取し、イングランドのクラブとして初めてヨーロッパ制覇を成し遂げた。

後の調べで事故の原因は、滑走路に積もったシャーベット状の雪がチャーター機を失速させたために飛び立つことが出来なかったとされた。






コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。