FC2ブログ

過去の事件・事故や出来事(11月2日) 今日は何の日~過去の出来事~

毎日、過去に起きた出来事や事件・事故、有名人の誕生日などを紹介!!

PR


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





( --/--/-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

tag:

過去の事件・事故や出来事(11月2日) 

1874年 - 読売新聞創刊
1920年 - 世界初の民間ラジオ局「KDKA」が、アメリカ合衆国ペンシルベニア州で開局
1940年 - 日本で国民服令が公布
1945年 - 日本社会党結成
1947年 - 飛行艇H-4が初飛行
1949年 - 国連の仲介によりオランダがインドネシアの独立を承認
1976年 - 超音速旅客機コンコルドの製造中止が決定
1985年 - 阪神タイガースが西武ライオンズを破り、2リーグ化後初の日本一
1996年 - 神戸市で世界初の薬害エイズ国際会議が開幕


◆国民服令
戦時中の物資統制令下における国民の衣生活の合理化や簡素化を目的として陸軍省の主導によって1940年11月2日制定された。着用が強制されたわけではないが、軍服に似た形の服装で、五つボタンに国防色の上下揃い、帽子、外套、手袋、脚絆、靴にゲートルまで素材や色目まで細かく定められていた。また、甲号・2号・3号・乙号の四種類があり、甲号は襟元がネクタイも合うように開襟とんっており一般の民間人向け、乙号は詰襟で青少年や官吏用とされ、儀礼章を用いることで礼服の代用とされることもあった。


◆飛行艇H-4
アメリカ合衆国のヒューズ・エアクラフト社により製造されたレシプロエンジン8発を備えた巨大飛行艇で、第二次世界大戦中の1942年、イギリスへ兵員と物資を大量に輸送するための航空機の必要性を感じていたアメリカ政府が開発を計画した。当時は戦時中であり金属が貴重だったため機体の大部分は木製で出来ていたが、750人もの武装した兵員を搭乗できるような巨大な設計だった。1947年11月2日、カリフォルニア州ロングビーチで完成第一号機の試験飛行が行われ、無事に飛行することは出来たが、計画通りの十分な速度や高度を保つことができなく、その後、この飛行艇の開発は中止された。また、翼幅の大きさは今現在でも、この飛行艇H-4が世界最大の大きさを誇っている。


◆コンコルド
イギリスとフランスが共同開発した超音速旅客機で、通常の旅客機の2倍もの高高度をマッハ2.0で飛行する定期運行路線をもった唯一の超音速民間旅客機だった。1976年1月21日から定期的な運航を開始したが、「通常よりも長い滑走距離を必要とする」、「騒音やソニックブーム(音波)の問題」などにより欧米間の限られた航路でしか就航しなかった。
コンコルドは運行はコストがかかり、アメリカで発生した同時多発テロの影響で低迷していた航空需要下では収益性の改善が望めなかったなどの理由により、2003年10月24日に最後の営業飛行を終えた。以後、民間人が超音速飛行を体験する事は、ほぼ不可能となっている。





コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。