過去の事件・事故や出来事(11月5日) 今日は何の日~過去の出来事~

毎日、過去に起きた出来事や事件・事故、有名人の誕生日などを紹介!!

PR


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





( --/--/-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

tag:

過去の事件・事故や出来事(11月5日) 

1889年 - パリで自由の女神像の除幕式
1922年 - ハワード・カーターがツタンカーメン王墓の封印を解く
1943年 - 東京で大東亜会議を開催
1953年 - 徳島ラジオ商殺人事件
1959年 - 日本初のコンテナ専用列車「たから号」運転開始(汐留~梅田間)
1972年 - ジャイアントパンダ・カンカンとランランの一般公開を開始(上野動物園)
1985年 - 北海道最古の鉄道路線・国鉄手宮線(旧北海道鉄道)が廃止
1989年 - F1オーストラリアGPで、中嶋悟が日本人初のファステストラップを記録
1991年 - 宮澤喜一内閣が発足


◆パリの自由の女神像
フランスのパリにある自由の女神像は、フランスがアメリカに自由の女神像を送ったことの返礼として、パリに住むアメリカ人たちがフランス革命100周年を記念して贈ったものである。セーヌ川のグルネル橋のたもとに位置し、高さは11.5メートル、重さは14トンと、ニューヨークにあるものより小さめである。左腕に抱える銘板には、フランス革命のきっかけとなったバスティーユ牢獄襲撃が起こった1789年7月14日の日付が刻まれている。


◆大東亜会議
1943年(昭和18年)11月5日と6日の二日間、当時の日本(大日本帝国)の影響下にあった中華民国・満州国・フィリピン共和国・ビルマ国の各国首脳およびタイ王国の代理参加者が東京に集まり、首脳会議が行われ大東亜共同宣言が採択された。参加者は日本の影響力が強い国々だったため、内容は日本が単独で作成し一切の変更を許さないという形式的なものであったが、有色人種のみが一堂に会して行われた首脳会議は史上初めてことであり、これに対しては歴史的評価は高いと言える。


◆徳島ラジオ商殺人事件
1953年11月5日の早朝、徳島県徳島市でラジオ商の店主が殺害され、内縁の妻も負傷した。徳島市警察は市内の暴力団関係者2人を強盗殺人容疑で逮捕し、内1人は犯行を自供したが、証拠が無く釈放した。その後ラジオ商の住み込み店員の証言から内縁の妻による狂言であると断定し逮捕し、裁判では懲役13年の実刑判決が確定した。
しかし、その後、店員の証言は検事に強要されて偽証したものだとわかった。

内縁の妻は服役しながら再審請求を始め、1966年11月に仮出所後も姉弟や市民団体の支援のもと再審請求を続けたが1979年11月15日に肝臓がんのため死去した。
その後、姉弟が再審請求を続け、1980年12月13日に徳島地方裁判所が再審開始を決定。1985年7月9日に徳島地方裁判所は無罪判決を出した。

この事件は日本初の死後再審が行われた判例として知られている。





コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。